静岡県焼津市にあるトータルサポートカンパニーのセーフティプロジェクトです。 損害・生命保険の取り扱いだけでなく、皆様の倖せな暮らしと永続的な企業発展のご支援業としてお役に立ち、 今後も多くのお客様から信頼される企業を目指します。

最新のお知らせ


2017年10月26日 : 自動車保険

吹く風もさわやかな秋晴れの日が続いていますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
10月担当の小池です。よろしくお願い致します。

私は毎日、静岡から焼津まで車通勤をしています。
テレビで連日、事故のニュースばかり観ているので、家族には心配を掛けているかもしれませんが、運転するのが好きなので苦ではなく、家庭と仕事の切り替えができています。。
焼津を運転してみて思ったことは、横断歩道で歩行者がいると必ずと言っていいほど車が止まってくれるということ。当たり前のことですが、少し驚きました。
社長が以前、朝礼で話していたこと「横断歩道で歩行者がいて車が止まってくれないと横断歩道で待っていても車は止まってくれないからと横断歩道以外の所で渡ったり、赤信号で渡ったりしてしまう」という話を聞き納得しました。

時間に追われないような余裕を持った運転を心がけるため、自動車保険をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。
夏休みも過ぎ、学生の方々は免許を取られた方も多いかと思います。
・年令条件は大丈夫ですか?
(同居のご家族様で運転する1番若い方の年齢にあっていますか?)
・使用目的の変更はありませんか?
(社会人・学生となり通勤通学等で使用していませんか?)
お気軽にご相談ください。

SPの朝礼では日々にあった様々な事案を共有しています。事故の事例もそのひとつです。事故に限らずSPでは「お客様がお困りの時は全力でお助けする」という社是のもと、スタッフ一同皆様のお役に立てるように頑張ってまいります。
今後ともお引き立てのほどよろしくお願い致します。

2017年10月3日 : Jアラート
毎日のように暑い日が続いておりましたが、最近時折涼しい風を感じるようになり過ごしやすくなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今月のニュースレターは、最近釣りを始めた入社4か月目の九島(クシマ)が担当させていただきます。

夏といえば高校野球・地域の花火大会などイベント盛りだくさんで、お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。
そんな中、サッカー日本代表が来年のロシアワールドカップ出場を決めました。
サッカーワールドカップは、オリンピックと並んで世界の二大スポーツイベントとも言われます。2002年に自国開催の日韓ワールドカップがあり、日本代表がワールドカップに出場すると経済効果が2500億円という話もありました。
うれしい話題もありますが、近隣諸国での核実験・弾道ミサイル発射など恐ろしいニュースも入ってきます。
北海道上空をミサイルが通過する際『Jアラート』と呼ばれる全国瞬時警報システムが緊急情報を出しました。個人の携帯電話などに直接送られるためスピードも速く、驚いた住民も多くいたそうです。今後は改善していくと思われます。

同様に私達セーフティプロジェクトも災害時に迅速な対応・お客様の安否確認などのために保険契約時アンケートとしてメールアドレスとご家族情報などを皆様にお伺いされていただいております。アンケートの内容については訪問した際、担当から詳しくご説明させていただきます。

今後も皆様の倖せな暮らしと永続的な企業発展を願い、当社トータルサポートサービスを通じてお役に立てるよう活動してまいります。
ご相談等ございましたらお気軽にご連絡いただきたいです。
2017年8月22日 : 自動ブレーキ

毎日厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
くれぐれも体調管理にはご注意ください。
今月のグリップレターは、一歳児の子育てに追われる入社3年目の日比野が担当いたします。
夏は車を運転して帰省や行楽で遠方に出かけることが多いと思いますが、事故には十分注意したいところです。今回の話題は、事故防止につながる車の『自動ブレーキ』についてです。

『車の自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)について』

近年、国土交通省において、交通事故を減らすことを目的としたASV(先進安全自動車)推進計画が進められており、自動車メーカーにおいても運転者の安全運転を支援するASV技術を搭載した自動車の開発・普及が進んでいます。
このASV(先進安全自動車)とはAEB(衝突被害軽減ブレーキ)等の運転者の安全運転を支援するシステムを搭載した自動車のことです。
ASV技術のうちAEBは特に普及が進んでおり、交通事故軽減効果の大きい技術であるとされています。
このAEBのセンサーは、下記のとおり大きく分けて3種類あります。

・ミリ波レーダー
前方を走る車の反射板から戻ってくる電波を検知して障害物を判断する仕組み。かなり遠方の障害物を検知できると同時に、悪天候にも比較的強く逆光も苦にしないが、人間を障害物として見分けることは事実上できない。価格は高い。

・光学カメラ
形状を認識するので、人間の形をした動くものを障害物として見分けて停止できる。悪天候に弱い傾向がある他、逆光も不得意。価格は安い。

・赤外線レーザー
検知できるのは30m先くらいまでのため、自動ブレーキが作動する車速は、時速30km程度が限界。価格は安い。

ところで上記AEBの装着がある自動車は、装着がない自動車に比べ保険実績においても、リスクが軽減していることが確認できています。そのため、弊社が取り扱いをしている三井住友海上の自動車保険では、2018年1月以降ASV割引が新設されました。
今後、皆様にご案内をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

日比野 俊昭

2017年7月24日 : 恒例のB.B.Q


7月22日土曜日 島田市の【山の家】でSP恒例のバーベキューをやりました~(*‘∀‘)
2017年7月10日 : 続けること


七月のグリップレターは今年こそは悲願である富士山ご来光を拝みに行くことを目標としておりますセーフティプロジェクトの夏男 片山が担当させていただきます。
最後までおつきあいよろしくお願いいたします。

梅雨らしからぬはっきりとしない天候が続いておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?カラッとした夏の日差しと眩しい太陽が待ち遠しい今日この頃ですが、
ここ数ヶ月にわたり私達世間を熱くさせる話題としましてはやはりこの人
「藤井聡太四段」ではないでしょうか
このグリップレターを書いている時点ではプロ転向後無傷の29連勝 歴代連勝記録単独トップとなりました。(残念ながら30連勝はなりませんでした)
将棋に疎い私でもその名を聞かない日はなく空前の将棋ブームを引き起こしております。
彼の将棋の何が凄いのかは専門家にお任せするとして、彼が未だ14歳であること。
14歳にして将棋の天才と呼ばれて
14歳にしてのあの落ち着きにただただ驚きを感じています
14歳の頃の自分はサッカーボールを追いかけ、擦り傷 打撲ばかりで親に迷惑をかけて学校では落ち着きがないと先生には叱られる毎日でした
今の自分にも藤井少年のあの落ち着きを分けてもらいたいくらいです(笑)
彼の連勝記録と共にフジイノミクスと呼ばれる経済効果まで生んでいるフィーバーぶりで
対局には多くの報道陣が詰めかけ将棋界の新たなるヒーローの出現に日本中の注目が集まっています。
どこまで上り詰めていくのか将来が非常に楽しみな逸材ではあります。
神武以来の天才加藤一二三九段が後継者にと発したのには驚きましたが非常に心強い若き後継者が今後将棋界を更に活性化してくれるものでしょう。
世代交代するときは必ず参ります。 個人の方では相続にまつわる話 法人ですと後継者 事業承継にお悩みの経営者の皆様のお声をお聞きすることが多々ございます。
そのような皆様のお悩みの解決策に当社のトータルサポートサービスの一つ
三井住友海上と連携しての経営サポートシステム、 当社銀行出身のスタッフによるFP相談室をご活用ください
皆様の抱えるお悩みやご相談の解決のお力に必ずなれる当社の強みでございます。お気軽にお声がけください。
最後に私の胸に残る羽生善治名人の言葉をお伝えさせていただきたいと思います。
羽生名人は 才能とは何かと問われれば「続けることだ」と私は答えます。続けることなど誰にもできると思うでしょうが、実はこれが最も難しいのです。と才能の定義について述べております。
続けていくということは本当に難しいことです。

私達セーフティプロジェクトは皆様の倖せな暮らしと企業発展のご支援を業として地域活性のお役に立ち共に倖せになる事を目的としてこの地で27年を迎えました。
皆様とこれからも一歩一歩歩んでいき50年100年とお客様のお役に立てる会社として続けて行けるようお役立ち親切活動を続けて参ります。

今夏は猛暑となる予報も出ておりますので水分補給をまめにして、
十分体調管理にはお気を付けください。

片山洋外