ご相談、保険診断、お見積りは無料!社会保障制度(自賠責・社会保険・労災・雇用保険)を踏まえ、経験を持ったプロが親切丁寧にご案内いたします。個人はもちろん法人の皆様には、事業支援チームを結成し責任をもってお役に立って参ります。

最新のお知らせ


2022年9月28日 : 自動車点検整備推進運動
9月・10月は自動車点検整備推進運動の強化月間です!

~安全と環境保全にはクルマの点検整備が必要です!~
 自動車は国民の生活や経済の発展に必要不可欠なものであり、
十分に定着した移動手段となっています。
一方、交通事故の発生件数は依然厳しい状況にあり、
大型車の車輪脱落事故や車両火災事故の防止を含む
自動車の不具合による事故を減らすことが求められているとともに、
環境面においても、排出ガスによる大気汚染や地球温暖化問題への対応が重要となっています。

本来、自動車ユーザーには、自動車の不具合による事故の防止や
環境保全を図ることを目的として、自動車の点検・整備の実施が義務付けられていますが、
そのことが十分理解されておらず、その実施状況は十分ではありません。
また、大型車については、使用状況の過酷さ及び事故時の影響の大きさ等を考えたとき、
車輪脱落事故や車両火災事故を防止するための重点的な点検の実施等が必要なところです。
そのため、国土交通省並び自動車関係団体等で構成する自動車点検整備推進協議会では、
自動車ユーザーの保守意識の高揚及び適切な点検整備の励行を図り、特に9月・10月
「自動車点検整備推進運動強化月間」として、点検・整備の重要性を理解してもらうとともに、
確実な点検・整備の実施を呼びかけています。
点検整備不良による事故は未然に防げるものです。
メンテナンスを習慣化して事故や故障の無い快適なカーライフを過ごしましょう。

池ヶ谷 美能留

2022年9月27日 : 秋に流行する感染症②
先日、秋に流行する感染症をご案内致しました。
本日は前回ご案内出来なかった感染症を投稿させていただきます。

【秋に流行する病気の種類】

胃腸炎

胃腸炎を引き起こすのが、ノロウィルスとロタウィルスです。
ノロウィルスに感染した場合、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があらわれます。
ロタウィルスは特に乳幼児に感染しやすいウィルスです。
どちらも感染力が強いウィルスなので、吐瀉物などを処理する際には注意しましょう。

食中毒

食中毒は夏に多いイメージがありますが、実際に最も多いのは10月頃です。
運動会など外で食事をする機会が増えていること、夏バテを引きずって免疫力が低下している事などが原因です。
魚介類に含まれるサルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌から食中毒を起こすので、生魚には特に注意しましょう。

呼吸器疾患

秋は肺が弱くなり、抗病力が弱くなる時期でもあります。
もともと喘息持ちのお子様は発作が増えるので注意しましょう。
また秋の花粉症がはやり始めることにも留意しておく必要があります。
秋の花粉症はブタクサが主流で、スギ花粉やヒノキ花粉に比べれば軽症で済みますが、それでも副鼻腔炎(蓄膿症)を併発するかもしれないので油断は禁物です。

季節性うつ病

秋冬独特のうつ病というものがあります。
体はまだ夏モードなのに、脳は冬モードで休みがちという状態が原因です。
体は夏の活発さを感じて動きたがるのに、思うように体が動かなくて気分が落ち込む事になります。
気分が落ち込む以外に見られる症状が、無性に眠たくなる、過眠や甘いものが欲しくなる過食です。

予防方法は?

秋頃から気温と湿度が低下してくるため、ウィルスが活発に活動し始めます。
インフルエンザウィルス、RSウィルス、ノロウィルス・ロタウィルスなどが秋に流行するのはそのためです。
ウィルスの特徴として低温・低湿度で感染すること、ヒトからヒトへ直接流行していく事があげられます。

そのためウィルスの感染を予防するには、
うがい・手洗いによる除菌、人混みを避ける、感染した人はマスクを着用し
他人にうつさないよう気をつけることが大切です。


秋は気温が低くなり、湿気も落ち着いてくるので、ウィルスが元気になり、感染症にかかりやすくなります。
また夏バテの延長や季節の変わり目で、まだ身体の準備ができていない事もあり、免疫力が弱って、病気にかかりやすい体質になりがちです。

過ごしやすい季節になりますが、油断せず手洗いやうがいを徹底しましょう。
特に免疫力の低い子供や高齢者は、重症化しやすいので注意が必要です。
また身体が夏モードを引きずっていることも免疫力が弱まる一因ですので、
意識して外に出るようにし、日光を浴びて脳のバランスを調節してあげましょう。

朝比奈 友貴

2022年9月26日 : 台風により被害を受けられた皆さま
台風により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

このたびの台風により被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
被災された方にはお困りごとが多々あると思います。
ご加入されている保険に関することはもちろん、
その他生活や業務に関することなど何でもご相談ください。
私たちは皆さまの復旧、復興をご支援して参ります。

(株)セーフティプロジェクト
   スタッフ一同

2022年9月22日 : 秋に流行する感染症①
朝晩、過ごしやすくなってきましたね。
季節の変わり目でまだ身体が夏仕様のままであれば、秋の冷え込みに弱って、
思わぬ重病にかかってしまう事ありますので十分注意が必要です。
秋(9月以降)に流行する病気とその特徴についてご紹介します。

秋に流行する病気の特徴

夏が過ぎて秋になると、気温がグッと下がり始め、湿度が低下します。
すると、低温・低湿度を好むウイルスの活動が活発になり、感染症にかかる人が増えます。
また、気候が涼しくなり、スポーツ等で野外に出る機会も多くなり、
人と接することで感染が広がりやすくなります。
気温が寒くなって体の免疫力が低下していることも、感染症にかかりやすくなる原因です。

【秋に流行する病気の種類】

◆インフルエンザ
インフルエンザにかかれば高熱や頭痛、関節痛などの症状があらわれます。
ワクチンの接種が推奨されていますが、インフルエンザは年々進化し、
少しずつ変わっていくので、油断せず体調を整える事が大切です。
10月よりインフルエンザ予防接種もできますので早めの接種をオススメします。

◆RSウィルス
RSウィルスは、咳や鼻水などの呼吸器症状を引き起こします。
特に注意が必要なのは喘息持ちのお子様です。
普段から喘息を患っている場合、重症化する傾向があります。
高齢者の方も注意が必要です。大人になってから発症しても大して重症化しない病気ですが、
免疫力の弱い高齢者に関しては急性下気道炎の原因になることがあります。

次回、その他の病気の種類をご紹介いたしますので是非閲覧ください。

朝比奈 友貴





2022年9月21日 : 保険の話は嫌いですか?
皆さん、保険の話は嫌いですか? 大抵の方はあまり好きではないような気がします。

お車の保険やお住まいの保険は、「所有したら保険に加入しなきゃ!」となりますが、

ご自身の生命保険に関しては、「よく分からない!」

思われる方が多いのではないかと思います。

それでも生命保険の加入率は約90%となっております。

ただその中の60~70%の方は、加入している生命保険に「不満」を持っているようです。

それはなぜ? なのでしょうか…

統計データによると、

「保険料が高い」

「商品内容が分かりにくい」

「自分にとって妥当なのか分からない」
  などなどです。

こういうところで皆さん、保険の話はあまり好きではなくなってしまうのでしょうか…

まずはそんな皆さんの不満を愚痴ってみませんか? 

野村 仁美