ご相談、保険診断、お見積りは無料!社会保障制度(自賠責・社会保険・労災・雇用保険)を踏まえ、経験を持ったプロが親切丁寧にご案内いたします。個人はもちろん法人の皆様には、事業支援チームを結成し責任をもってお役に立って参ります。

レンタカーを借りる際には必ず自動車保険に加入することになりますが、その保険にはいくつか注意点があります。
許可の基準となっているのは、
対人賠償 1人あたり 8000万円以上
対物賠償 1人あたり 200万円以上
搭乗者補償 1人あたり 500万円以上
対物賠償が無制限でなかったり、その他の補償も薄かったり、ロードサービスがついているか・・など
どのような補償を受けられるのかは事前にしっかりと確認しましょう。



【レンタカーで事故を起こしてしまった時】
過失が小さくてもレンタカー会社に休業補償を支払わなければならないのか?

ほぼ無過失でも全額の補償を求めている為、トラブルが相次いでいます。
中には全く無過失なのに請求され、利用者が裁判を起こしたケースもあります。

レンタカーの保険はすべての損害を補償してくれるわけではありません。
事故でレンタカーが損壊して使用できなくなった場合、レンタカーが損壊せずに営業すれば本来は得られたであろう利益を、事故を起こした利用者が支払うのがノンオペレーションチャージといい、レンタカーの保険では通常補償されません。
禁煙車でタバコを吸って臭いをつけた場合、車のシートをひどく汚してしまった場合も補償の対象外です。


最近は契約内容を見直すレンタカー会社も出てきております。

ここ近年都心部では特に若者の車離れもあり、車を持たずにレンタカーや公共機関を活用して生活されている方も多くなってきているように思います。

レンタカーを使用する際には契約内容をきちんと確認して、
運転も十分気をつけるようにしょう(*^^*)