ご相談、保険診断、お見積りは無料!社会保障制度(自賠責・社会保険・労災・雇用保険)を踏まえ、経験を持ったプロが親切丁寧にご案内いたします。個人はもちろん法人の皆様には、事業支援チームを結成し責任をもってお役に立って参ります。

前回、5月病の主な原因や症状についてご紹介させていただきました。
本日は予防対策等についてご紹介させていただきます。

【5月病になった時の対策方法は?】
・趣味のことをする。
環境が変わって慣れることに精一杯の時には、趣味のことまで気がまわらないことが多いです。
そこで趣味のことをすることで気分転換にもなりますし、
「楽しい」という感覚がストレス解消のきっかけにもなりやすいです。
趣味のことをして笑うようであると心も晴れてきますね。?
・軽い運動をする。
身体症状として肩こりなどが出てくるのは、身体がいつも緊張して固くなっている時があります。
それをほぐすためにも軽い運動をしてみてはいかがでしょうか。
また運動することによって質の良い睡眠が取れるようになります。
体が疲れてもよく眠れないという方には、質の良い睡眠をとる必要があります。
・ゆっくりと眠るようにする。
体が疲れてもよく眠れないという方には、質の良い睡眠をとる必要があります。
上記のように軽い運動をする、ゆっくりとお風呂に浸かり睡眠をとるなど、
ゆっくりと眠れてストレスが解消されることがあります

【予防対策】
・朝に日光を浴びる。
太陽の光にはセロトニンという物質を安定させる働きがあります。
鬱状態になるとこのセロトニンという物質が欠乏してきます。
そこで朝起きたらすぐにカーテンを開けて日光を浴びるようにしましょう。?
・睡眠をとる。
睡眠をとることによって一日の疲れを取ってくれます。
寝る前にハーブティーなどを飲むのもおすすめです。
・食事を摂るようにしましょう。
食事を摂ることによってストレスを解消することもできますし、
美味しいものを食べるというのは心の栄養にもなります。

また、お子さんが5月病になった時は、急がせない・プレッシャーを掛けないなど
あたたかく見守ってあげましょう。
様子がおかしいと思ったら、幼稚園や学校の先生にお話をして協力をしてもらうようにお話してみるのも良いかと思います。
家族や周りの人たちで協力してあげることが大事なことです。
ストレスや疲れをためないように注意して5月も元気に過ごしたいですね。

朝比奈友貴