ご相談、保険診断、お見積りは無料!社会保障制度(自賠責・社会保険・労災・雇用保険)を踏まえ、経験を持ったプロが親切丁寧にご案内いたします。個人はもちろん法人の皆様には、事業支援チームを結成し責任をもってお役に立って参ります。

「病気やケガをしなかったらもったいないし、保険はいつ入ればいいの?」
と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

確かに万が一のことが起こるリスクは多少低いかもしれませんが、
だからこそ、「今」加入するメリットがあるのです。

20代・30代で保険に加入するメリット
万一に備えられる
たとえ今健康で、元気だったとしても、事故や大病はいつやってくるかわかりません。

そんな時に治療費や入院費をまかない、
生活も苦しくならないような貯蓄があるのであれば、何の心配もいりません。

しかし、働き始めたばかりの20代のうちに、
生活に何の不安もなく治療に専念できるだけの蓄えがある方はそう多くはないのではないでしょうか。

また、預貯金があったとしても、それは医療費や入院費のための貯金だったのでしょうか?

将来の夢やマイホームのために蓄えた、大切な資金を病気やケガで取り崩さないためにも、保険への加入は重要です。

一家の大黒柱として養う家族が増えた場合には、
ご自身の医療保障だけでなく、万一の死亡保障についても検討しておきましょう。

野村 仁美